オススメリンク
浴室のリフォームならここで!;ライフ
コスパがいい埼玉の風呂リフォームサービスなら<総合メンテナンス>
浴槽の補修を依頼するならこちらの業社にお任せしましょう|東京日化サービス株式会社
水を使う風呂はコーティングをすることで綺麗な状態を保つことが出来ます。水垢等がどうしても付きやすいので、ついてしまう前にしっかりとコーティングしておきましょう。
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jul    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
スパナ

安らぐお風呂にしよう

最近はリフォームする家庭が増えてきており、新築するより費用も安く大事な部分にお金をかけ易いから人気です。
女性であればキッチンが気になるところだが、お風呂も決して妥協できない部分です。
リフォームで考えるのは在来工法つまりオーダーメイドかユニットバスにするか迷いますが、オーダーメイドだと浴室に強いこだわりがある方だけでなく規格品で収まらない複雑な地形に建つ家で非常に便利です。
ユニットバスは規格品でつまらないとか暗いイメージを持たれがちですが、規格も細かいサイズ展開していたり、色も様々でもちろん窓もたくさんの種類から選べます。
年配の方は窓がないからと選択肢から外してしまう方が多いです。
浴室だけのリフォーム費用の相場は在来工法からユニットバスに変更すると約130万前後かかり、古いユニットバスから最新ユニットバスに変更すると約90万前後かかります。
この金額は基本的アイテムのみですので、ここにオプションをつけていけば追加料金はかかります。
今時の浴室リフォームでは音楽が聴けるようにスピーカーをつけたり出来るのでお風呂に入る楽しみが出来ます。
風呂の浴槽の深さと入る時に足を上げなくてすむようにどこまで浴槽を埋没させるかもバリアフリーを考える方には重要です。
タイルの浴室だと直接地面に設置させるのでシロアリのリスクが高まります。
カビの発生にも気を使いますのでお風呂の資材にも配慮が大切です。
心安らぐお風呂も細かい配慮からなのです。

浴室リフォームの時期
体の疲れと汚れを落とす毎日のお風呂は気分のいいものですが、お風呂が古くなって使い勝手が悪くなってくるとその気分も損なわれてしまいがちです。
いつでも気持ちいい入浴タイムを楽しむために、次のような症状が出始めたら浴室リフォームの検討をしたいものです。
洗面浴室の床がぶよぶよする、壁のカビがひどく目に付くようになった、浴室内部や風呂にヒビやサビが出た、排水が流れにくくなった等、これらは浴室のリフォームを知らせるサインといえます。
また、一般的にお風呂の耐用年数は約15年が目安であり、このタイミングを逃すと費用もかさみ、損をする傾向につながって行きます。
築15年を過ぎると見た目はキレイであっても、内部では土台が腐っていたり、シロアリが発生していることもあるので、リフォームを視野に入れた点検をしておく時期でもあります。
家のリフォーム、特に水まわりのリフォームは少し早いかな、と思う時期に行なうのが、費用的にもお得になっています。
水漏れなどが起こると建物の構造部分の土台や柱を腐らしてダメにしてしまう恐れがあるので、単に水まわりの設備機器を新しくすればいいというだけにとどまらなくなるからです。
最近の浴室リフォームでは、古くなると水漏れが起きやすく断熱性の低かった昔ながらの在来工法に代わり、システムバス(ユニットバス)が主流となってきています。
システムバスは在来工法と違い、檜風呂にしたり、施主好みの自由な設計に出来ないなどの制約はありますが、工期が短く費用も抑えめであり、メンテナンスもラクなのが人気の理由となっています。

作業服の男性

お風呂の新設備導入

風呂とは、入浴を行うために用いる住宅内に設置した設備です。
体に付いた汚れをお湯で落とすためには、浴槽やシャワーなどの設備が必要です。
また、水を大量に使用する必要があることから、お風呂には高い防水性があります。
もしその防水性に問題があるならば、住宅全体に漏水の問題が出てきます。
浴室の老朽化により水が周囲に漏れ出てくるならば、浴室リフォームでお風呂の修繕を行う必要があります。
修繕にはリフォーム費用がかかるものの、それでも新しい入浴環境を手に入れるチャンスでもあります。
修繕リフォームにあわせて、最新の入浴設備用機器を導入するのも方法です。
お風呂のリフォームで新しい設備を加えることで、新しい浴室の使い方が可能になります。
浴室乾燥機は、浴室に新しい機能を追加することができるリフォーム方法です。
入浴空間の内部を乾燥させることができる設備を導入すれば、内部の湿度をすぐに解消することができます。
また、外で洗濯物を干すことができない場合に、浴室内で洗濯物を干すことができます。
浴室のリフォームによって、生活スタイルが大きく変わる可能性があるため、修繕の機会にどのような最新設備があるのか、カタログなどから確認してみるもの有意義です。
また、住宅設備を扱っている専門業者に相談すれば、新しい入浴用設備のリフォームの可能性について、相談に乗ってくれます。
工事を行う場合の見積もりなどもすぐに取り寄せられるので便利です。